仮想通貨取引所最大手のBinanceがSimplexと提携。クレジットカードによる仮想通貨の購入に対応する

Binance-Simplex

Binanceは、ユーザーが仮想通貨を購入するための利便性を追求している。

Binance(バイナンス)がSimplexと提携してVISAとMasterCardに対応

世界最大の仮想通貨取引量を誇るBinanceは、クレジットカード大手のVISAとMasterCardによる仮想通貨の購入を可能にすることを発表した。
これは、イスラエルに拠点を置く決済処理スタートアップのSimplexとの提携によって実現する。

この機能のローンチ時には、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、XRPが購入の対象となるという。
もちろん、この4つを購入後、Binanceが取り扱っている150以上のトークンと取引は可能だ。

クリプトエコシステムの拡大へ

BinanceのCEO、Changpeng Zhao(CZ)氏は、次のように述べている。

Building fiat gateways is what we need now to grow the ecosystem, increase adoption and introduce crypto to more users.

フィアットゲートウェイを構築することは、仮想通貨のエコシステムを拡大し、実生活への浸透を促し、より多くのユーザーに仮想通貨を知ってもらうために必要なことである。

なお、Binanceの利用規約を見てみると、イラクやキューバ、アフガニスタン、リビアなど、一部の国は今回の機能の利用対象から外れている。
米国においては、ニューヨークやコネチカット、ハワイ、ジョー​​ジア、ニューメキシコ、ワシントンの6つ州がサポートされていない。

肝心の利用料だが、Simplexは最低10ドル(一律)の取引料に対して3.5%を徴収するという。
1日の上限額はユーザーあたり$20,000、月額上限はユーザーあたり$ 50,000となっている。

イスラエルのスタートアップSimplexに注目が集まる

Binanceとパートナーシップを組んだSimplexは、2014年に設立され、2016年2月のシリーズAの資金調達ラウンドで700万ドルを調達している。Simplexの投資家には、マイニング企業のBitmainやCumberland Mining、クラウドファンディングプラットフォームのFundersClub(Coinbaseにも投資)などが名を連ねている。

Simplex昨年11月にも、シンガポールの仮想通貨取引所であるKuCoinと提携し、クレジットカードやデビットカードによる、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)の購入を可能にしている。

Binanceは2019年に入ってから、英国と自治的な依存関係にあるジャージー島で、新たな仮想通貨取引所をオープンさせている。
また、昨年10月にはウガンダにも進出し、ウガンダの法定通貨であるウガンダシリングとの仮想通貨取引を可能にしている。